合格者の声

 2020年度
京都大学 同志社大学 立命館大学
小林 蒼(嵯峨野高校)

 

僕はこの塾で高校1年生の時から数学と英語、高校3年生の夏から物理、化学を加えて学びました。数学と英語は特に基礎のうちから学んでいたので学校でも比較的良い成績を取ることができました。受験期に入ってからも基礎を作っておくとある程度入試問題に対応でき、数学は自分の武器として戦うことができました。3年間この塾で学んで良かったなと思うところは先生たちの考えたメニューに加えて自分のやりたいこともやることができた点です。自分の習得度合いに合わせてやるテキストを変えることで効率よく勉強できたり、また受験期には志望校の過去問だけでなく他の大学の過去問も多くやることができるためより多くの問題の経験をできました。僕が無事に第一志望で合格することができたのはこの塾のおかげが大きいです。本当にありがとうございました。

嵯峨野高校京都こすもす科専修 京都産業大学附属高校特進
杉岡 来郁(旭丘中学校)

 

僕はお兄ちゃんの影響で小学6年生の時に有村塾に入りました。受験が近づくにつれて、時間が長くなったり宿題が多くなり、講習も始まったときは寝る間も惜しんで勉強していたのでとてもしんどかったです。しかしそれだけしたからこそ、合格につながったと思います。僕が有村塾で勉強してきて思った事は、先生との距離が近いと言うことです。先生は面白く、気軽に話せるので、とても楽しく学べる宿だと思います。しかも説明もわかりやすく、失敗から自分の力にしていくことができました。受験前には、多くのテストをやらせてもらって、しんどかったですが、必ず身に付いたものも多かったです。
はじめは少しだめもとで第一志望にした嵯峨野高校にも合格することができて、とてもうれしいです。有村塾の力というのがとても大きかったです。本当にありがとうございました。

立命館高校コア
江隅 蓮太郎(加茂川中学校)

 

塾には小学校6年の終わりごろから約3年間通いました。はじめの頃は嫌だなと思っていたけど先生たちは面白く勉強はしっかりと教えてくれ友達も多く嫌な気持ちも少なく通うことができました。勉強もしっかりとできるようになり中学校のテストでも良い点数を取ることができました。テスト前は特にしっかりと勉強ができるようになっていてとても良かったです。わからないところはわかるようになりました。中学校3年生になると3年生の勉強は終わらしていて早くから受験勉強をすることができました。はじめはどうなるのかわからなかったけどどんどん伸びてきて最後には立命館高等学校に受かることができました。僕は塾に行っていなければできなかったことだと思います。塾に行っていて本当に良かったと思いました。しんどいこともあったけどそこを乗り越えれば良い結果が出て達成感もあってとても良かったです。

紫野高校アカデミア科 花園高校特進B
松井 花音(西賀茂中学校)

 

私は、小学6年生の頃からこの塾に入っていて、約4年間先生と過ごしてきました。最初、入る前は「塾」に初めて行くものだったので、とても緊張していました。でも、日が経つにつれ塾での生活が慣れてゆき「楽しい」と感じるようになりました。やがて中学生になり、テストという大きな課題に対して取り組むことで勉強への意欲が湧き普段の生活でもよく勉強をするようになりました。中学3年生になってからの日々はとても早く感じました。夏期講習、冬期講習、日曜講習は本当に1日中勉強で、当時はしんどい、疲れたなど多く口にしていましたが、今となってはそのハードな日々が、私の第一志望への合格につながったのだと思います。有村塾は他の塾に比べて何倍も疲れるけど、絶対に伸びるので、入っても損はしないです。短い間でしたがありがとうございました。

紫野高校アカデミア科 京都外大西高校国際文化A
萩原 彩葉(西賀茂中学校)

 

一年くらいお世話になった有村塾では、五教科全部を一から丁寧に教えてもらっていました。そのおかげで一、二年生の復習がしっかりできました。また、私は勉強以外にも学ぶことがありました。わからない問題があるとすぐに諦めて先生に聞くのではなく一度しっかり自分で考えることが大事だと改めて思いました。そうすることで、だんだん解ける問題も多くなりました。
受験間近では、たくさんのアドバイスや厳しい言葉も貰いました。でも、それらを含めて受験当日ではあせらず落ち着いて受けることができました。第一志望に受かることがこんなにも嬉しいんだと実感できたのは今までたくさんのプリントやテストを受けていたからだなと振り返ってました。自ら勉強しようとしなかった私が、有村塾に通ってから、自分のために勉強することが苦痛ではなくなりました。ありがとうございました。

洛北高校普通科前期選抜 龍谷大学付属平安高校プログレス
中川 誉二朗(旭丘中学校)

 

僕がこの塾に入塾したのは3年生の冬休みが明けた後くらいでとても遅かったけど手厚く指導して頂きました。僕がこの塾に入って感じた事は授業の質が良く学力も確実に伸びるということです。宿題がしっかりと出され、授業で行ったテストなども間違えたところをしっかりと自分で直しをし、復習をするなど確かに少ししんどかったけれど、僕自身もこの短期間で学力が上がっていることを実感することができました。また少人数による授業のためわからない事は放置することなく気軽に先生に聞くことができてとてもわかりやすく丁寧に教えてもらいました。そして周りの塾生も勉強の意識が高く、とても良い刺激になりました。
このように授業の質や周りの環境を全て含めて有村塾は素晴らしい宿だと思います。

山城高校普通科前期選抜 京都産業大学附属高校進学
宮川 小花(西賀茂中学校)

 

私は、小学校六年生の時に有村塾に入りました。最初は周りの人がみんな賢くてついていけるか不安だったけど、先生方には一つ一つ丁寧に教えていただき、授業は楽しい雰囲気であり面白く、最後まで乗り越えることができました。三年生になると、講習があったり、宿題の量が増えたりつらいことも増えました。けれど、苦手な教科も熱心に教えてくださり、特に英語は練習を重ねるにつれて徐々に得意になり、当日も三教科で一番点を取ることができました。私は、有村塾のおかげで第一志望の高校に入ることができたのだと思います。授業以外の日もいつも見てくれた先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

京都学園高校特進A(特待生)
河口 悠(加茂川中学校)

 

僕は、3年生の初めころにこの塾に入りました。最初の目標は、ただ特進ADVANCEDコースに入ることだけでした。その時には別に得意な教科とかもなく、英語、社会、数学が苦手でした。塾に通い始めて、まず英語が得意になりました。今までの英語の単語をとにかく覚えなければいけないというイメージから文法を覚え、テストをしていく中で、単語を身に付けていくという感じのイメージへ変わりました。数学、社会も、頭の中で、成長したなとはあまり実感しなかったけどテストの点数が上がっていくのを見て自分自身の成長を実感しました。この頃から目標が特待生で受かると言うものになっていきました。目標が変わったからといって特に何かを変えて勉強する事はなく今までのものをより丁寧にやることで目標に近づいていくことができました。一年間と言う短い期間の中で、もとの目標以上の結果を出すことができました。

京都女子中学校Ⅱ類 平安女学院中学校(立命館コース)
髙橋 佳歩(上賀茂小学校)

 

私は、6年生の初めのころから、有村塾で受験勉強を始めました。塾に入って、夏期講習をしました。夏期講習では、朝からテストをして、昼からテストの直しと宿題の直しをして、基礎力を身に付けました。夏期講習が終わり、日曜講習に取り組み、志望校入学に近づけるようにがんばりました。普段から課題が多く終わらすのが大変でした。だけど、それが力になり、合格することができました。今、合格できたのは、先生方に支えられて、受験勉強を頑張ってきたからだと思います。

 2019年度
大阪市立大学 同志社大学 立命館大学
小石 真士郎 (嵯峨野高校)

 

 僕は小学4年生から高校3年生まで約9年間有村塾に通っていました。その中で僕は問題の本質を見極めることの重要さというのを学びました。この問題はこうやるという解き方も大切だと思いますが、それでは見たことのない問題などには対処できません。そのような問題に対して塾では親身になって一緒に考えてくれたりして納得するまで教えてくださいました。また、センター試験では思ったより点数が取れず志望校をどうするかで相談した時も親身になって考えてくれました。この9年間で挫折しそうな時もありましたが、有村塾の先生方の支えがあったおかげで受験を乗り越えることができました。本当に先生方には感謝しています。今までありがとうございました。

同志社大学 立命館大学 関西大学 近畿大学
M・T (紫野高校)

 

 私は中学二年のころに有村塾に入塾し、高校受験も大学受験もお世話になりました。第一志望に合格できたのは、過去問演習の量だと思いました。宿題や授業・講習などで過去問を解き、間違えた部分は治るまで見て下さりました。塾に行かずに自分一人ではたくさんの演習はできなかったと思うし、解いたとしても分からない所は分からないまま終わっていたと思います。授業内で終わらなかった分を授業外に見て下さったり、質問を聞きに行っても丁寧に答えて下さりと、親身になって教えて下さった先生方、本当にありがとうございました。

桃山高校自然科学科 花園高校特進A(全額特待生)
石川 真衣 (西賀茂中)

 

 私は、中学二年生の冬から塾に入りました。一人よりも集中して楽しく勉強することができ、毎日勉強する習慣をつけることができるようになりました。三年生の秋から、毎日のように塾に行くようになりました。宿題が多くてしんどかったり、行きたくないと思うこともありましたが、友達と励まし合って、やりきることができました。先生方はいつも話しかけてくださり、授業だけでなく夜遅くまで見てくださりました。受験が近づくにつれて不安になることもありましたが、「これだけやってきたから大丈夫。」と、自信を持って入試に挑むことができました。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

洛南高校海α 大谷高校マスター
田中 慶五 (京都教育大学附属京都小中)

 

 僕は中学一年のときに入塾し、三年間お世話になりました。一、二年の時は先取りを中心に学習していました。三年になると、様々な講習が始まり、今までより塾にいる時間が長くなりました。特に夏期講習、冬期講習では朝9時から夜おそくまでと、とても大変でした。途中でイヤになり、投げ出しそうになったことが、二、三度あったのですが、その度に家族や、先生方が支えて下さいました。がんばればがんばる程、成績がよくなり、学校のテストでも良い点数がとれるようになりました。また塾の先生方や、クラスの友達と過ごしたことでたくさんのことを学べました。色々と辛い課題や、厳しい言葉を投げかけられたこともあったけれど、それらを乗り越えて、無事合格することができました。本当に三年間ありがとうございました。

同志社高校
松﨑 太洋 (加茂川中)

 

 僕は中学一年生の初めにこの塾に入りました。自分はそんなに勉強が好きではなく家にいるとだらけてしまっていました。しかし学年が上がるにつれてやることも増えていき自分からしないといけないという気持ちになれました。そして一・二年生の頃に三年生の範囲を終わらせたことによって三年生ではたくさんの過去問に取り組むことができました。自分は苦手な教科が二つありました。しかしその教科も過去問などをたくさん解くことによって解き方などを理解できるようになりました。夏期講習・冬期講習・日曜講習などはとてもしんどく休みたいと思った時もありました。しかし一日でテストを五つする体力をつけることができ本番ではしんどいと思うことなく最後まで問題を解き終えることができました。僕はこの塾だったから最後まであきらめることなく第一志望に受かることができたと思います。先生方本当にありがとうございました。

立命館宇治高校IMコース
石丸 歩乃亜 (西賀茂中)

 

 中学入学時は、成績も良くなく目標とする高校も無く勉強もせずに過ごしていました。一年の冬に学校の授業での数学が分からなくなり友達にすすめられ入塾しました。塾で勉強していく中で小さい頃から習っていた英語を好きになり留学制度のある高校を目指すようになりました。模試ではなかなか良い結果が出せず、伸び悩む日々もありましたが、第一志望の立命館宇治高校に合格することが出来ました。塾では先生と生徒がオンとオフの切り換えをきっちりして、集中する時はしっかり集中して勉強することが出来ました。また、辛い事や悔しい事もあったけど、今思えば楽しい事の方が多かったと思います。本当に忘れられない貴重な一年になったと思います。有村先生をはじめ、たくさんの先生方ご指導頂きありがとうございました。

 2018年度
京都大学 工学部
舌 雅也 (西京高校)

 

 僕は小学五年生から有村塾に入塾し、西京高校附属中学、京都大学に合格しました。受験勉強を踏まえ、僕は「環境」が勉強において重要であると思います。例えば、僕は初め京都大学なんて受かる訳がないと思っていましたが、高校の周囲の人々の影響を受け、目指すようになりました。有村塾も勉強するのによい環境だと思います。その理由は二つあり、一つ目は少人数の授業形式です。少人数であるので個々人に合わせた授業であり、僕自身効率よく勉強できたと思っています。二つ目は有村塾の先生です。先生には自身の経験などを教えてもらい、それを基に自分の勉強の方針を決めることができました。

 勉強は自習が基本です。その自習を効果的なものにするためにも周囲の環境をよくすることは大事であると思います。

大阪大学 工学部
舌 達也 (西京高校)

 

 僕は小学校五年生くらいの頃から約八年間有村塾でお世話になり、西京高校附属中、大阪大学に合格しました。今振り返って、僕が大学受験において大事だと感じるのは2つあり、それは「基礎をしっかりやること」と、「思考力をつけること」です。大学入試にはセンター試験がありますがこれは基礎しか出題されないので学校の授業を復習し定期試験もしっかり対策し続けていれば確実にとれるものです。次に難関大学の二次試験(理系)では主に思考力が必要とされます。そして思考力を伸ばすにはとにかく自分で考える以外に方法はありません。僕は有村塾で数学を教えてもらっていましたが豊富な教材、聡明な先生のおかげで多くの問題にあたり時には自分では思いつかないような考え方も学びました。そこで培った考える力は物理や化学にも生かすことができ理科でも良い成績を残せるようになりました。思考力をつけることが大学合格につながると思います。

大阪大学 工学部
舟槻 惇平 (紫野高校)

 

 僕は中学からこの塾にいました。長い間お世話になり、第一志望であった大阪大学に合格することができました。僕が高校で所属していた部活は、夜遅くまで練習することが多く、それに合わせて授業を組んでくださったり、どうしても授業に出られない日は、他の日に振り替えてもらえたりし、おかげで部活の時間を削らずに勉強を教えてもらうことができました。また、日頃から塾の宿題などでコツコツ勉強していたおかげで、部活を引退した後もスムーズに勉強に集中することができたと思います。今思えば、ひとりでは今ほど成長できていなかったと思います。塾に行けば、勉強している友達がいたから最後まで自分なりに頑張ることができましたし、先生が自分に合った教材を選びわからないところは丁寧に教えてくださったから少しずつ着実に前に進むことができたのだと思います。6年間お世話になりました。

堀川高校探究学科群
洛南高校海α
花園高校特進A(特待生)
大嶋 泰誠(加茂川中学校)

 

 僕は、中学一年生からこの塾に通い始めました。塾では一、二年生は勉強の先取りをし、適度に宿題を出されていました。授業と宿題をこなしていくうちに自然とコツコツ勉強する習慣が身につき、部活にも一生懸命取り組むことができました。三年生になるとより本格的になり、宿題の量も圧倒的に多くなりましたが、それまでの勉強する習慣のおかげで楽しくこなせたし、自分のレベルアップが点数で現れたので、嫌にはなりませんでした。先生も分かるまで教えてくださるので、いろいろなことを吸収できたと思います。また、不思議なくらい勉強しやすい環境ができていて、集中力を絶やさずに勉強できました。もちろん一年生の時から受験に向かっていましたが、学校の定期テスト対策もしてくださるので学校の成績もしっかりとれました。いろいろと厳しい課題や先生の声がありましたが、そんな中でも京都有村塾で教わった「学ぶ楽しさ」は今でも僕の宝物です。

西京高校エンタープライジング科
立命館宇治高校IG(特待生)
大谷高校バタビアマスター(特待生) 
藤林 紗都(西賀茂中学校)

 私は、小学校五年生の時に有村塾に入りました。授業では集中するときはしっかり集中して勉強でき、楽しく過ごすこともできる雰囲気があり、少人数制の授業だったので自分に合っていると思い、この塾に入りました。宿題の量は多く、最初はやりこなしていくだけでしたが、だんだん自分からやろうという気持ちを持てるようになりました。授業外の時間にも先生方は見てくださり、特に数学は一番やる事も多く大変でしたが、そのおかげで受験当日も五教科の中で一番点を取ることができました。苦手だった理科ではたくさんの時間見てもらいました。

 夏期講習は大変でしたが、最後まで部活も続けることができました。塾の先生方やクラスの友達と過ごしたことで多くのことを学ぶことができ、そのおかげで志望校に合格することができました。

 ありがとうございました。

嵯峨野高校京都こすもす科
洛南高校海α
東山高校パスカル(特待生)
市瀬 翔大(西賀茂中学校)

 

 僕は小学校五年生の春頃からこの塾に入りましたが中学受験ではあと少しのところで落ちてしまい悔しい想いをしました。そのため高校受験では自分の行きたい高校に行くために勉強しました。

 三年生になり国語の授業も始まり受験に向けての勉強が始まりました。僕は元々国語と英語が苦手で過去問をしてみてもあまり点数をとることができませんでした。しかし、夏期講習、日曜講習、冬期講習や日々の授業で塾の先生方が熱心に教えてくださったので入試本番では受かるために必要な点数をとることができました。

 高校受験では自分の行きたかった高校に合格し最高の結果を残すことができました。それは一緒に頑張った塾の仲間や先生方がいたからだと思います。本当にありがとうございました。

 

山城高校文理総合科
京都産業大学附属高校進学コース
横山 千恵(加茂川中学校)

 

私は中学二年の3月から、有村塾でお世話になりました。入塾する前は友達から宿題が多い、厳しい、夜遅くまであると聞いていて不安もありましたが、受験が終わった今、有村塾に入って本当によかったと思います。

 塾に入ってからの一年間は、つらいことも楽しいこともたくさんありました。特に、本格的な受験勉強が始まる夏期講習では一日のほとんどを塾で過ごし、今までで一番勉強したと思います。部活との両立も大変でした。部活が終わって、日曜講習や冬期講習が始まると難しい過去問も増え大変だったのと同時に、より受験のことも意識し始めました。しかし、そんな中でも頑張ってこられたのは一緒に頑張る友達、そして有村塾の先生がおられたからです。毎日、授業がない日もある日も夜遅くまで教えていただき、自分たちが帰った後も、高校受験の予想問題を作ってくださったりしました。また、分からないところは追加でプリントをもらって教えてもらったりしました。

洛北高校普通科前期選抜
京都学園高校特進A
北山 響大(加茂川中学校)

 

 僕が有村塾に入ったのは、三年生になってからの夏休みの途中からでした。有村塾に入る前も他の塾へ行っていたのですが、イマイチ伸び悩み、そこで「噂の有村塾」に入ることを決めました。正直、怖い、しんどい、というイメージがあったのですが、そのイメージとは違い、楽しい雰囲気での授業、とても分かり易い解説、宿題は少ししんどかったですが、気づけば塾に行くのが楽しみになっていました。僕は英語がとても苦手で、数学も得意ではありませんでした。しかし、たくさんの問題を準備して毎日教えて下さった先生方のおかげで、苦手科目も伸び、勉強することが楽しみに変わりました。そして、受験では、学校の担任の先生には「絶対に無理。」とまで言われた洛北高校の前期試験での合格。これは、毎日、夜遅くまで、教えて下さった先生方なしには、ありえないことで本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。

紫野高校普通科前期選抜
京都外大西高校特進Ⅰ
中田 彩葉(西賀茂中学校)

 

 私は中学一年生の終わりぐらいの時期に、友達と一緒に入塾しました。本当に何も勉強していなかったのですべての教科が何もできなかったのに、二年生のテストで苦手な社会が六十点上がるほど学力が伸びました。

 三年生になってからは、夏期講習、冬期講習、日曜講習などがあり毎日塾にいるようになりました。辛くても、勉強した分、自分の力になっていくことがうれしかったです。自分の進路を決めてからは毎日が不安で勉強したくないと思うことが何度もありましたが、支えて下さった先生方や友達のおかげでここまであきらめずに続けることができました。

 合格発表で自分の番号を見つけた時には、泣いてしまうほどうれしくて、早く先生に伝えたくてしょうがなかったです。有村塾に入って先生に教えてもらうことができて本当によかったと思います。今までお世話になった先生方、ありがとうございました。

© 京都有村塾. All rights reserved.